正しい人事制度とは

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去13年間で支援実績956
受付時間
お問い合わせ 資料請求

HOME > 正しい人事制度とは

すべてはすでに経営者の頭の中にあります

人事制度というと、テンプレートを自社用にカスタマイズしたり、専門家に依頼してつくってもらったりするものだと思われています。しかし、人事制度はすでに経営者の頭の中にある価値観や決め方を、誰が見てもわかるように仕組みにしたものです。何かを見て真似てつくったり、専門家につくってもらったりすることはできません。

このお話をすると、「今まで勘と経験と度胸で決めてきたので、仕組みにできるようなものはありません」と多くの方がおっしゃいます。

しかし、毎年毎年、評価を決め、昇給・賞与を決めています。判断基準をすでに持っているということです。経営者の「勘と経験と度胸」こそが素晴らしい人事制度なのです。ですから、ひとつひとつ明らかにしていくだけでつくることができます。

正しい人事制度の体系

正しい人事制度とは、社員を成長させ、業績を向上させられる制度です。
4つの仕組みから成り立っています。

体系図
○成長支援制度(一般的には評価制度)
○ステップアップ制度(一般的には昇進昇格制度)
○賃金制度
○教育制度

社員の成長を継続的に支える成長支援制度

成長支援制度は、一般的に「評価制度」と呼ばれている部分に当たります。しかし、評価制度とは目的からして異なります。似て非なるものです。

評価制度は、社員の点数を出すことを目的としています。昇給・賞与を決めるために点数が必要だからです。そのため、「評価される」ことを誰もが嫌がります。「評価する」ことも嫌がります。

しかし、成長支援制度は社員の成長を支援する制度です。同じように社員の成長を点数として出しますが、これは成長を確認し、次の成長に向かうためです。

自分がどこまで成長しているのかがわからないままでは、次の成長を目指すこともできません。また、目指したとしても、会社の望まない方向に成長してしまう可能性もあります。

ですから成長支援制度が必要なのです。この成長支援制度なくして、人事制度をつくること・動かすことはできません。

ステップアップ制度

社員には、成長の段階が大きく分けて3つあります。プレイヤーとして自分で成果を上げる段階、プレイングマネジャーとして自分で成果を上げながら部下を育てる段階、そしてマネジャーとして部下を育てることで組織に貢献する段階です。

この成長の道筋がわからないと、社員はその会社でどう成長していけばいいのかという長期の将来像を描くことができないため、安心して働くことができません。この成長の道筋を示し、どのように成長したらどのように会社の中でステップアップしていけるのかを仕組みにしたものが、ステップアップ制度です。

人事制度の中で一般的に「昇進昇格制度」と呼ばれている部分に当たりますが、社員が組織の中でどこまで成長したかを確認するとともに、成長の目標を設定することを目的としています。

日本の人事制度の常識と言われている「職能資格基準」がなくてもこの制度をつくって運用することができ、社員にもわかりやすい仕組みとなっています。

賃金制度

社員の成長によって、そして業績によって、どのように昇給・賞与が決まるのかをまとめたものが賃金制度です。

社員はなんとなくは知っていても、どのようなときに昇給・賞与が増え、どのようなときに昇給・賞与が減るのかを明確には知りません。そのため、不安を抱きます。この不安が、不満となるのです。

教育制度

教育制度とは社員の成長を組織的に支援する制度です。

教育制度というと、教育費をかけて研修を受けさせることだと思われがちです。本当に効果があるのかを数値で測定できず、研修後のアンケートの内容から推測するだけで終わってしまっている企業も数多くあります。

成長支援制度があることで、どこに重点を置き、何を誰に教育すればいいのか、すべて詳細に明らかになります。だからこそ、組織的に社員の成長を支援することができるのです

正しいつくり方とは すぐにつくりたい方は成長塾へ つくって得られる効果とは

社員の悩みがなくなり、さらに業績アップする方法があります

もう「社長お話があります」と言われないために


 

人事制度についてもっと知りたい方は

資料請求

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。