ENTOENTO(えんとえんと)の願い

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去13年間で支援実績994
受付時間
お問い合わせ 資料請求

HOME > ENTOENTO(えんとえんと)の願い

ENTOENTO(えんとえんと)の願い

日本を元気にしたい

誤った考えで、日本の企業は本来持っていた組織文化を失うことになってしまいました。

「成果主義」
「歩合給」

成果主義や歩合給が壊したのは、「みんなで良くなろう」「お客様のために頑張ろう」という考えです。社員は、お客様のことも同じ会社の仲間のことも顧みなくなってしまったのです。

お客様に、場合によってはテキトウなことや嘘を言って、無理な売り込みをする。成果の上がる方法を他の社員に教えず自分の中に隠しておいて、周りとの差をつけることでたくさん昇給・賞与をもらおうとする。

そうして昇進や昇格をしていくため、上司になっても誰もその社員の指示命令を聞こうとしなくなりました。だから組織として成り立たず、社内の雰囲気がとても悪くなります。入社した段階でそんな状況を目の当たりにする新人は、役職者になることを嫌がり、それどころか離職する確率が高くなっていきます。また、

「職能資格制度なしに人事制度はつくれない」
「人事制度は専門家がつくるもの」
「正しい評価をするために評価者訓練が必要」

といった間違った常識で、長年役に立たない人事制度づくりが行われてきました。そして不平や不満、不安を溜めこんだまま仕事をする社員を増やし、会社から元気を失わせてきました。

本来、人事制度は社員に安心を与え、仕事を本当の意味で楽しませながら成長させるための仕組みです。自分の成長のために高い目標に挑戦したり、縁があって同じ会社に勤めた他の社員と切磋琢磨してお互いに高め合ったりする。そうすることで業績を向上させる。それを可能にするための仕組みが人事制度なのです。

ENTOENTOは正しい人事制度を全国の中小中堅企業に広め、日本を元気にするため、日々奔走しています。

経営者を悩みから解放したい

経営者は社員や社員の家族の人生まで背負い、様々なリスクを持って事業を行っています。

そんな経営者以上に評価や昇給・賞与を決めることのできる人はいません。経営者の決めてきた評価や昇給・賞与が最も正しいのです。

社員から不平や不満が出るのは、その評価や昇給・賞与の決め方が目に見える形になっていない、可視化されていないためです。

決め方が目に見えない、どうやって決めているのかわからないことで、社員は不安を抱きます。そして、決め方を憶測で判断し、不平や不満を抱いてしまっているのです。

今まで経営者がどのように決めてきたのか、これを『可視化』するだけで不平不満はなくなります。決め方がわかることで、社員は安心するからです。

評価や昇給・賞与の決め方を『可視化』し、人事の問題から解放され、経営者に楽になってもらいたい。ENTOENTOはそう願っています。


 

人事制度についてもっと知りたい方は

資料請求

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。